カネヒロの鮭フレーク知ってるかい?

二十年以上、週1~2ペースで食べているものはあるだろうか?

私には、ある。

人は偏食だというが、そうではない。

かなり旨い。二十年以上食べていても飽きない味なのだが

私が間違いなく一途で浮気のしない男なのだ。←ここ強調

そんな男のおすすめグルメを紹介していきたい。

今回紹介させていただきたいのが、北海道根室市の株式会社カネヒロの鮭フレーク。

すべて手作りで作られているらしく、今までに小骨が入っていて気になったことがない。

食べ方は、1パターンしかなく、ご飯にかける。以上である。

お茶漬けにするとか、お粥にかける、チャーハンになんてバリエーションはあるが、基本はご飯にかける。

熱々の炊き立てご飯と、鮭フレークを口に頬張り、ご飯の甘味と熱気と鮭の香りのベストマッチ

彦摩呂風にいうなら、ご飯と鮭のハーモニーやぁ~って感じです。

他の鮭フレークでもいいやん!ってお思いのあなた。

違いますよ。カネヒロの鮭フレークを扱っているお店が少なくもちろん他の鮭フレークも散々試しましたが、まるでダメ。

ハーモニーにはなりません。鮭優勢のご飯を支配してしまっている感じが・・・

他の鮭フレークは鮭の味が強い。塩気が強い。

鮭の分量を減らして食べればと仰るでしょうが、そういう話ではないのです。

中には、ご飯優勢の商品なってのもありましたが、減塩タイプだったり、薄味タイプっだったり

鮭フレークをワシャワシャ食べる人間が、塩分なんか気にするかい。

って事で、ぜひ一度、カネヒロの鮭フレークご飯ハーモニーを味わってください。

ほんとうに、ご飯と鮭フレークがお手て繋いで小躍りしてる感じが・・・

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*